2010年04月15日

おだいじに・・・。

今日(きょう)は、「にほんごのいえ」の新(あたら)しいクラスが始(はじ)まる日(ひ)でした。

朝(あさ)10時半(じゅうじはん)から12時(じゅうにじ)まで初級(しょきゅう)中級(ちゅうきゅう)に分(わ)かれて授業(じゅぎょう)をします。初級(しょきゅう)は「初級会話(しょきゅうかいわ)」、中級(ちゅうきゅう)は「みんなのにほんご 中級(ちゅうきゅう)」を勉強(べんきょう)します。

でも、今日(きょう)は、よしえ虫(むし)先生(せんせい)がお休(やす)みでした。よしえ虫(むし)先生(せんせい)は、熱(ねつ)があって、体調(たいちょう)が悪(わる)いです。毎日(まいにち)忙(いそが)しいよしえ虫(むし)先生(せんせい)には、お休(やす)みがあまりないので、ゆっくりする時間(じかん)がありません

明日(あした)は、国際交流会館(こくさいこうりゅうかいかん)で授業(じゅぎょう)があります。よしえ虫(むし)先生(せんせい)は、桂(かつら)でも、授業(じゅぎょう)をします。

とても忙(いそが)しいので、具合(ぐあい)がもっと悪(わる)くなるのではないか、とても心配(しんぱい)です。早(はや)く元気(げんき)になってほしいです

日本(にほん)では、具合(ぐあい)の悪(わる)い人(ひと)に、体(からだ)を大切(たいせつ)にして、早(はや)く元気(げんき)になってほしいという意味(いみ)を込(こ)めて、「お大事(だいじ)に・・・。」と声(こえ)をかけます。

よしえ虫(むし)先生(せんせい)、お大事(だいじ)に・・・。




-------------------------------------


Today was the day that we opened the new Japanese class.

From 10:30 in the morning until noon, we open classes for the beginner and the intermediate. For the beginners, we do "the easy conversation", and for the intermediate, we study the textbook, "Minna no Nihongo Intermediate".

Today, however, Yoshiemushi-sensei was absent. Yoshiemushi-sensei has a fever, and feels sick. Yoshiemushi-sensei is very busy every day, so she has no time to rest, she has no time to relax.

Tomorrow, we have a class at International Community House. Also, Yoshiemushi-sensei has a class at Katsura.

I'm worrying that she may get worse because she is too busy.I want her to get better soon.

In Japan, we say to the person who is sick, "Odaijini...". This phrase indicates that there is a wish that the speaker wants he/her to take good care of himself/herself and to be better soon.

Yoshiemushi-sensei, Odaijini...
posted by ちゃぶまる at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | diary
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37142817

この記事へのトラックバック